Haruyuki Mohri

毛利春幸のブログです。

Visual Studio 2015(C#)でAndroid開発 Xamarinを試してみました。

Visual Studio 2015 がリリースされたので早速インストールしました。

フルインストールだと26GByteほど必要みたいです

スマホ開発用にXamarinが入っています

 iOSAndroid開発環境で Xamarinが使えます。

f:id:mojeld:20150722175634p:plain

 

新規プロジェクトC#Androidアプリを作ってみました。

f:id:mojeld:20150722175738p:plain

何も考えずに作れそうです。

ActivityのLayoutは [Resource]→[Layout]→[Main.axml]にありました。

そのLayoutをSetContentView(Resource.Layout.Main); してるみたいです。

 

サンプルはボタンに

 button.Text = string.Format("{0} clicks!", count++);しているだけでした。

ちなみにOpenGLプロジェクトも試してみました

XAMLと同じ<Viewport3D>使えるかと思いましたが
OpenGLはusing OpenTK.Graphics.ES11;でした。

 

Xamarinを使う際にMSのアカウントとは別にXamarinのアカウント登録も必要です。

 

【お知らせ】Visual Studio 2015 に対応した Xamarin リリースのお知らせ - Xamarin 日本語情報