Haruyuki Mohri

毛利春幸のブログです。

AngularJSとnode.js インストール

RAD Studioロードマップ(2017年5月付)に書いていますが、 10.3 以降のRAD ServerAngularJSクライアントがサポートされます。

Angular は、JavaScriptで書かれたOpen Sourceのフロントエンド Webフレームワークです。

先日、Angular release is 4.0.されたところですがそれ以前は一般的にAngular2を使われていました。

Angularは、MongoDB + Express + Angular + Node.jsを用いて構成されるMEANスタックと呼ばれる中の一部です。


AngularTypeScriptで組まれています。 (ちなみにTypeScriptDelphiの生みの親Anders Hejlsbergが関わっているらしいです)

開発環境インストール]

node.jsのインストールは必須です。 https://nodejs.org/en/ からもインストールできますが node.jsバージョン管理ツールでインストールするのが一般的です。 Windowsの場合、nodistを使う人が多いです。 nodisthttps://github.com/marcelklehr/nodist ここからダウンロードできます。 インストーラーもあるので簡単にインストールできます。 インストールが完了後

nodist dist

上記のコマンドでnodeのバージョン一覧が出てきます。

nodist + v6.10.3

これでnode..jsの6.10.3を追加した事になります。

nodist v6.10.3

f:id:mojeld:20170602115426p:plain

v6.10.3
Default global pacakge update dsuccessful.

上記のような感じでnode.jsバージョン切り替えが可能です。

続いて npmコマンドでangular-cliをインストールします。

npm install -g @angular/cli

TypeScriptもインストールします。

npm install typescript -g

これでインストールが完了しました。


新規プロジェクト作成

アプリ名を適当につけて新規プロジェクトを作成します。

ng new mohri

mohriと言うアプリ名で作成しました。

cd mohri
npm install
ng serve --open

f:id:mojeld:20170602115459p:plain これで起動できます。

http://localhost:4200 をブラウザで呼べば下記のように表示されます。 変更に関しては全てTypeScriptで書き換える事が可能です。 f:id:mojeld:20170602115514p:plain