Haruyuki Mohri

毛利春幸のブログです。

RAD Studio bds.exe オプション

f:id:mojeld:20170615095305p:plain

RAD Studio bds.exe の使用例

コード 内容
bds.exe -ns RAD Studio IDE をスプラッシュ画面を表示せずに起動します。
bds.exe -sd c:\test\source -d c:\test\myprog.exe \mbox{-}td -td および、デバッガ オプション(-d exename)の後ろに指定される他のあらゆる引数は、c:\test\myprog.exe の引数として使用されます。

bds.exe 一般オプション

オプション 説明
-? IDE を起動して、IDE コマンド ライン オプションのオンライン ヘルプを表示します。
– (ハイフン 2 つ) 後続のコマンド ラインを無視します。
-ns スプラッシュ画面を表示しません。 IDE の起動時に、スプラッシュ画面を表示しないようにします。
-np ウェルカム ページを表示しません。 IDE を開始した後に、ウェルカム ページを表示しません。
-p personality 指定された RAD Studio IDE のパーソナリティを開始します。 <パーソナリティ> に指定できる値は次のとおりです。(Delphi, CBuilder)
-r regkey 代替レジストリ キー。 IDE を異なる構成で 2 つ実行できるように、代替の基本レジストリ キーを指定できます。これによって、コンポーネント開発者は、ホスト アプリケーションとして IDE を使用して、設計時にコンポーネントデバッグできます。開発中のコンポーネント パッケージを読み込もうとして妨げられながら IDEデバッグする必要はありません。
-cleanregistryide IDEレジストリ エントリを消去します。 BDS の現在のユーザーのレジストリ キーと、BDS ディレクトリ内の appdata 配下のファイルを削除します。注意: BDS ディレクトリからユーザーのすべてのプロジェクトが失われることになるので、このオプションを付けて BDS を起動する前にプロジェクトをバックアップしてください。IDEトラブルシューティングを行う場合、これは最後の手段であって、まず先に試すことではありません。

デバッガ オプション

オプション 説明
-attach:%1;%2 デバッグのアタッチを実行します。 %1 はアタッチするプロセスの ID として、%2 はそのプロセスのイベント ID として使用します。attach オプションは手動でも使用できますが、主にジャスト イン タイム デバッグに使用されます。
-d exename 指定された実行可能ファイル(exename)をデバッガに読み込みます。 exename の後ろに指定されたパラメータは、デバッグしているプログラムのパラメータとして使用され、IDE には無視されます。-d と exename の間にスペースを入れられます。

IDE コマンド ライン スイッチとオプション