トルネード

毛利のメモ書き

SQL Server 肥大化した.ldfファイルを削除

SQL Serverデータベースを作成すると、標準設定では復旧モデルが「完全」になっています。
復旧モデルが「完全」の場合、.ldfファイルにログが貯まる仕組みです。 重要なデータで復旧が必要な場合この.ldfファイルは重要ですが、 消えても問題無いデータの場合復旧モデルは「単純」に設定すると.ldfファイルは溜まりません。

Microsoft SQL Server Management Studioから設定

変更方法はデータベースを選択し右クリック後[プロパティ]でダイアログが表示されます。
[オプション|復旧モデル]にコンボボックスがあるので、「単純」に変更します。

f:id:mojeld:20181218120714p:plain

ここで「単純」に変更し再起動してもldfファイルサイズの変化はありません。
データベースの圧縮が必要です。 データベースプロパティ変更したときのように、データベースを選択し右クリックし次は、[タスク|圧縮|ファイル]を選択します。
f:id:mojeld:20181218121103p:plain

[ファイルの圧縮]という名称のダイアログが表示されます。 ダイアログ中央右の[ファイルの種類]を「ログ」に変更し、すこし下の[圧縮のアクション|未使用領域の開放前にページの再構成をする]ラジオボタン選択します。
[圧縮先のファイル]サイズを少なく指定しましょう(「2MByte」など)

f:id:mojeld:20181218121633p:plain

最後に[OK]ボタンでファイルの圧縮が実行されます。

さいごに

この手順は、Microsoft SQL Server Standard (64-bit) 12.0.4232.0で試しました。