トルネード

毛利のメモ書き

Xcode

std::optional

std::optionalはstd::optional<int>と指定するとnulloptを代入できるので、0以外のnulloptが利用できる。 std::optional<int> i1 = std::nullopt; if(i1){ std::cout << i1.value() << std::endl; } std::optional<std::string>でも同じくnulloptが使えます。 std::optional<std::string> text1 =</std::string></std::string></int></int>…

Xcode Version 10.0 Mojave ButtonClickイベント

Xcode 10.0 ボタンクリック イベント Xcode Version 10.0 (10A255) でプロジェクトを作成しボタン クリックイベントを作る Main.storyboardを開いて右上のボタンをクリックするとコントロール一覧が出ます。 画面にButtonをドラッグアンドドロップで配置後右…