読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Haruyuki Mohri

毛利春幸のブログです。

MacOSでAmazon CLIのINSTALL方法 (aws command)

1. IAMの設定(Identity and Access Management)

f:id:mojeld:20141009134129g:plain

「Service」を選択後「IAM」を選択すると

f:id:mojeld:20141009134342p:plain

こんな画面が出るので 「Create New Users」をする

ユーザーが出来たらそのユーザーを選択して「User policy」項目を選ぶ

f:id:mojeld:20141009134605j:plain

ここで操作できるpolicyを選択する参照だけなのかC3 Bucketまで作るのかは

これで決まるのかな?

 

IAMがだいたい完成した

2.Userの「Security Credentials」を変更作成する

f:id:mojeld:20141009135308j:plain

User画面の最後の方にSecurity Credentialsの項目があるので

その中のManage Accsess KeyとManage Passwordを取得する

Textファイルで2つダウンロードする

「User Name,Access Key Id,Secret Access Key」と

「User Name,Password,Direct Signin Link」が

テキストダウンロードできればOKです

 

3.pipのINSTALL

MacOS10.9.5はPython2.7.5が入ってるみたいなんで pipをINSTALLします

sudo easy_install pip

このコマンドでpipがINSTALLされます

pip --version

上記コマンドで確認できます

 

4.awsCLIをINSTALLする

sudo pip install awscli

 これでINSTALLできました

aws --v

aws-cli/1.5.1 Python/2.7.5 Darwin/13.4.0」こんな感じで返ってきたら成功です 

 

5.awsの設定

awsの初期設定を行います

項目2で取得した2つのテキストデータを使います

aws configure

AWS Access Key ID : 

AWS Secret Access Key : 

Default region name : 

Default output format :

 

こんな感じで聞いてくるので

項目に合わせて入れていく感じです

6.aws 問合せ確認

s3にWebから一つ「Create Bucket」でBucketを作ってawsコマンドで見てみます

aws s3 ls

これでBucketリストが取れます

mbコマンドでCreate Bucketしても同じです